尿酸値

尿酸サポートの尿酸値を下げる効果は?本当は効かない?

尿酸サポートはプリン体多めの食事の尿酸値をさげる効果がある?本当に効かない?

尿酸値が高いというのは、健康診断などで初めて指摘されて気をつけるようになる方は多いようです。

尿酸値対策のためのサプリメントでおすすめのものがあります。

ファンケルの【尿酸サポート】は、

機能性表示食品として消費者庁に届出がされていて、

尿酸値が高め(尿酸値6.0〜7.0mg/dL)の方の尿酸値を下げる機能」が確認されている商品です。

臨床試験もされている安全なサプリメントです

高めの尿酸値を下げる「尿酸サポート」

尿酸値対策のサプリメントって本当に効果があるのでしょうか

尿酸サポートは、

尿酸を

「作らない」

「溜めない」

「外に出す」

これら3つの機能が臨床試験で確認されています

実際に飲んでいる方の口コミの感想もまとめました。

 

初回限定特別価格「尿酸サポート」


尿酸サポートの口コミからみる効果

実際に飲んいる方の口コミをみて尿酸サポートの効果を見ていきましょう。

全て口コミはファンケル公式オンラインサイトから抜粋しました。(*口コミは個人の感想です*)

平均お気に入り度が、5ポイント中の 4.4ですので、評判はかなり良いですね

尿酸サポートで尿酸値が下がったという口コミ

50代男性
50代男性
尿酸サポートをしばらく飲み数値が少し下がりました。出した時の悩みも飲み始めると気にならなくなってきました。
60代男性
60代男性
尿酸値が高めでしたが、たまたま直近で健康診断があったのですが、嬉しい変化が見られびっくり、効果が表れました。
60代男性
60代男性
3カ月おきの健診前1カ月間、適当な感じで摂取しましたが、尿酸値が改善されました。「この調子で頑張って生活改善を続けて下さい」と言われました。

1ヶ月で尿酸値が改善されたとの口コミもありますが、個人差はあります。

サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。

食生活改善のサポートとして習慣的に飲み続けることをおすすめします。

高めの尿酸値を下げる「尿酸サポート」

尿酸サポートが効く・効かないなどの口コミ

 

50代男性
50代男性
続けて約3カ月、効果を感じた。多分この先も続けると思う。次回の健診結果に変化を期待しつつ!
70代女性
70代女性
古希を過ぎてから、体のあちこちに不具合が起きるようになり、悩んでいた時に「尿酸サポート」新発売を目にして有頂天になりました。予想どおりの結果で大満足!まだ基準値にはなっていませんが、希望の光が見えてきたと感じています。

尿酸値対策のサプリメントはまだあまり多く発売されていませんが、

ファンケルのサプリメントということで安心して飲めますね。

ファンケルの【尿酸サポート】は機能性表示食品としては日本で初めて発売されたサプリメントです

60代男性
60代男性
気をつけていても知らず知らずに高めになる{尿酸値}。山小屋に泊まっていたときに、違和感があると思うことがあった。その時は問題なく無事に下山できたが、日頃からの節制とサプリ等で尿酸値を抑えていきたいと思う。今回ファンケルで尿酸対策のサプリができて早速購入して毎日飲んでいる。登山にもぜひ持参していきたい。

高めの尿酸値を下げる「尿酸サポート」

尿酸サポート飲み方に関する口コミ

60代男性
60代男性
健康チェックで尿酸値が高いと言われたので購入しました。次の健康チェックまでにはよくなればと思っています。飲みやすいので気に入っています。

尿酸サポートは飲みやすい、細めのカプセルになっています。

尿酸サポート飲み方のタイミング(食後)

私は、毎朝食後に4粒飲んでいます。

1日1回、4粒を食後に摂取する方法で、臨床試験で機能が確認されています

臨床試験では朝・昼・夕の指定はしていないので、

朝・昼・夕どの食後に飲んでも大丈夫です。

 

尿酸サポート飲み方や効果の口コミ

 

40代男性
40代男性
お守りで飲んでます。過去20年以上、健康チェックで尿酸値が高かったことは1度もありません。しかし違和感が出ることがあります。(私の周りにもそんな人がいます) 飲みすぎたときなどに、このサプリを飲むと緩和する気がします。あくまでも個人のレアケースの一例かもですが。私としては助かりました。

尿酸値が高くなる傾向があるのは、中高年の男性に多くなります。

プリン体の多く含まれる食事ビールの好きな方

ストレスの多いお仕事の方

尿酸の産出と排出のバランスが崩れてしまうと尿酸値が高くなる傾向があります。

生活習慣を見直した上で、お守り的な気持ちでサプリメントを併用されるのをおすすめします

初回限定特別価格「尿酸サポート」

プリン体の多い食事

和食などでも以外にプリン体の多い食材が使われています。

食品・飲料中のプリン体含有量に関しては、「公益財団法人 痛風・尿酸団体」のサイトにこのようにまとめられています。

プリン体を多く含む食品は、 レバー類(210~320mg/100g)、白子(300mg/100g)、一部の魚介類 エビ、イワシ、カツオ(210~270mg/100g)が上げられます。乾燥品である干椎茸や魚の干物は水分量が減っているため相対的に高い数字になるので、原材料と比較すると良いでしょう。近年、健康食品ブームですが、その中に多量のプリン体を含む(400~21500mg/100g)ものがあります。他の食品と合わせて100g換算にした為多くなっていますが、1日量に換算しても64~215mgが含まれます。これは1日の目安である400mgの半量にあたります。これらの健康食品の服用には注意が必要です。

蒸留酒にはプリン体はあまり含まれず、醸造酒の方が多いです。
特に、地ビール、紹興酒には10mg/100mL以上のプリン体が含まれます。
実際量に換算すると、通常のビールには1缶あたり12~25mg/350mL、大瓶1本あたり21~44mg/630mL、地ビールには1本当り19~55mg/330mL、紹興酒には1合当たり21mg/180mLのプリン体が含まれることになります。
量的には多くないにもかかわらず、ビールを1缶毎日飲む人では6年間に血清尿酸値が0.5~1.0mg/dL上昇すると報告されています。

(引用:公益財団法人 痛風・尿酸団体

飲む機会が多い方もプリン体には注意ですね。

高めの尿酸値を下げる「尿酸サポート」
プリン体と尿酸値

 

尿酸サポートのお試しモニター価格

ファンケルの公式サイトからの購入なら、

初めてお試しする方ようにモニター特別価格があります。

28日分が1500円で購入できます。

通常サイズ1袋30日分が、定価3888円ですのでかなりお得になりますね。

 

初回限定特別価格「尿酸サポート」